スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鐘を鳴らす人
いま無性に、泣きたい、くらい

胸が震えてて。


どうしたらこんなモノを造ることが出来るのかと、

そう思ってやまない。


空気が、はりつめて、痛い。

痛い。

でも、

だけど、


高揚感もあって、

だから泣きたくなる。

板ばさみの状態で動けないわたしは、

こうして、一人で震えるだけ。


海の底のような

空の果てのような


眩しすぎて直視出来ないような

憧れ


もう胸がいっぱい。




以上、「溺れるナイフ」最新刊を読んでの感想でした。笑


早く次の巻が読みたいな

楽しみです
スポンサーサイト
【2007/02/16 17:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<黄昏時にとべ <序章> | ホーム | はじめまして>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://falesmodesty.blog94.fc2.com/tb.php/2-53aedc27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。